*

ssb【000】広告料って高い!!〜ビジネスにおけるお金の意味とは…

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 小さなお店のバイブル 集客・開業・開店, 番外編

飲食店 広告 イメージ

よくある雑誌の広告費
いくらだか知ってますか?
広告代理店に就職して全国紙の広告料を初めて耳にした時
「どんだけ~!」って思いました。


こんにちは!伊藤です。

「るるぶ」だとか「まっぷる」なんかが有名な旅行雑誌
例えば「るるぶ軽井沢」とか「るるぶ京都」とか
全国の書店で販売されるこれらの雑誌の事を
「全国紙」といいます。

それに対して地元のみで販売される雑誌は「地方紙」といいます。

ここで「全国紙」の広告料ですよ。
安くても10万円くらいから
数十万円が当たり前!

初めて知った時は、それこそ「どんだけ~!」って心の中で叫んでましたよ!

今じゃこういった雑誌も廃刊に追いやられているモノが多く
広告料も以前よりは安くなっているとは思いますが

「地方紙」でも数万円から十数万円はかかる広告費。
バカになりませんね。


「こんなベラボーな料金払えないよ!」
なんて思って
広告は出さない!
なんて考えたりする小さなお店のオーナー
少なくないようです。


普通のサラリーマンから脱サラしてお店を開いた方など
私が驚いたように、広告費に驚くのも無理はないと思いますが
そういったお店に限ってホームページも無い、ブログもやっていない…

これでは集客出来ないのが当たり前なんですが…。

っとっとっと、話がそれました。

で、今回のテーマ「ビジネスでお金を使う事の意味は?」ということなんですが

ズバリ
「ビジネスのスピードを加速する!」
という事になるでしょう!

自分でビジネスをするようになると実感出来ます。

例えば広告、広告を使わないで100人集客するのにかかる期間と
広告を使って100人集客する期間を比べたら
当然広告を使った方が早いですよね!

「あたりまえじゃないか!」

そんな声が聞こえてきそうです。
でもここまで考えてますか?

例えば360万円の資金があって
なにもしなければ1年間はお店をやっていける場合
つまり1ヶ月あたり生活費も含めて30万円ですね。

つまり1年後に30万円の利益が出るようにならないと
お店を閉店しなくてはならない。

30万円の利益を出すためには
仮に100人のお客さんが必要だとします。


広告を使わずにお客さんを100人に増やそうと思ったら
1年と半年かかる。

仮にそうなった場合
1年後にはお店を閉めなければならなくなります。


しかし、広告費を使って仮に3ヶ月で100人のお客さんが来るようにできるとすれば
広告費として残りの9ヶ月分の270万円を使っても
1年後お店がうまくいっていることになりますね。

もちろん実際には広告は出した時から時間がたてば効果が薄れるので
そこまで広告費を使うということはできません。
また、広告を出したら何人お客さんが増える…などと確約される訳ではありませんから
あくまでも仮の話になりますが…。

何が言いたいかというと
広告を出せばうまくお店が軌道にのったかもしれない場合でも

広告を出さずにいると
お店を閉めなくてはならなくなる事もある
という事。


集客に時間がかかるとそれだけの期間
生活費が必要になってきますからね。


つまりお金を使ってビジネスのスピードを加速しないと
うまくいかない場合もあるという事。



これは広告に限った話ではありません。

集客の勉強をする、本を買う、教材を買う、セミナーに行く…etc

これらのことにお金を使うという事もビジネスのスピードを加速することになります。

自分で気づくには何年もかかる、
もしくは一生かかっても気づけない事を本で学ぶ。

本を何冊も読んでやっと分かること
あるいは、何冊読んでも分からない事を教材で学ぶ。
セミナーに行って学ぶ。

「集客の基本」これを知らないために
しなくてもいい苦労をする。

長い年月しんどい思いをする。


そういった思いはして欲しくないですね。


「集客は、時間を使うかお金を使うか」


私はそう思っています。

例えば、集客出来るお店のブログの作り方
ネットで検索すればやり方が出てきて
やっているうちになんとかなるかもしれません。

つまり時間を使えば集客できるようになる。

お金はないけれども時間はある…
という場合には時間を使って集客する。

時間は無いけれどもお金はある…
という場合にはお金を使って集客する。

時間もお金も無い…
そこまでになってしまったら正直お店を建て直すのは厳しいです。
ただそこまでにならないと行動を起こさないオーナーが多いのも事実です。

そうならないために
計画的にお金を使うようにしましょう。


お金はビジネスのスピードを加速してくれるものである!

だからこそ先々を見通して計画的に資金を投入していかないと
いざ行き詰まってから何かしようと思っても
何も出来ないということになりますよ!

あなたのお店は大丈夫ですか?

特に
集客の知識というのは
ビジネスにとっては
武器のようなものです!

武器を手に入れるのは早ければ早いほどいい!
繁盛店のオーナーほど勉強熱心なものです!

集客について学び、より強力な武器を手に入れましょう!


それでは。

関連記事

バレンタイン イメージ

ssb【000】隠れ家的飲食店のブランディング

こんにちは!伊藤です。バレンタインデーに妻がチョコを買ってくれるというので一緒に買いに行きま

記事を読む

メニュー イメージ

ssb【000】お客さんが来ない!

こんにちは!伊藤です。お客さんが来ない!どのお店も多かれ少なかれ持っている悩みです。お客様を

記事を読む

飲食店 イメージ

ssb【000】物ではなく事を売る

こんにちは!伊藤です。よく営業関係の本を読むと「物ではなく事を売れ」と書いてあります。よく言

記事を読む

大盛りのイメージ

ssb【000】少なめ?大盛り?普通盛り?

  こんにちは!伊藤です。先日行ったオムレツ専門店の工夫にはちょっと感心してしま

記事を読む

車のイメージ

ssb【000】一貫性 この程度でいいんじゃない?では…

こんにちは!伊藤です。突然ですが車は好きですか?私は若い頃、Miniとかエンスー系の車が好き

記事を読む

ソースカツ丼のイメージ

ssb【000】お店の強みを活かす 〜伊那・ソースカツ丼

先日、高遠城址公園に桜を見に行ってきました。長野県は伊那市、名物といえば 「ソースカツ丼」

記事を読む

ssb【お知らせ】教材について

2013年より、教材「小さなお店の集客バイブル」を、サポート付き10,800円(税込)で販売してきま

記事を読む

売りの方向性

ssb【000】飲食店 売りの方向性

こんにちは!伊藤です。今回は「売りの方向性」という話です。以前「早い・安い・便利」を売りにす

記事を読む

コンビニ イメージ

ssb【000】強み コンビニ スタバ

早い・安い・便利っていう強みの方向性があります。「安い」という強みで売ろうと思ったら「早い」

記事を読む

古い学校のイメージ

ssb【000】きっかけは何ですか? 〜自分史

私は取材の時、お店のオーナーに「なぜこういったお店を開こうと思ったのですか?」「きっかけは何

記事を読む

Message

伊藤 義明

四十歳になって、どんどん時間の流れが速くなっているのを感じます。 それと同時に無理のきかない体になっていく事もひしひしと…
>>プロフィールはこちら

ssb【お知らせ】教材について

2013年より、教材「小さなお店の集客バイブル」を、サポート付き10,

ランチェスターの法則
ssb【番外編】日本のマーケティングはここから始まった?! 〜竹田陽一 ランチェスター戦略

竹田陽一さんは、1983年に「ランチェスター経営」という会社を

グーグル・マップ
googleマップの表示場所が間違っている!どうしたらいい?

googleマップ、よく使われています。 とっても便利ですが

googleプレイスへの登録1
お店を始めた…ネットで集客したいなら一番最初にやることはコレ!…Googleプレイスへの登録

実店舗へのお客さんをネットで集客… ホームページ作成!食べログ登

ナウシカのイメージにピッタリ!Ellie Goulding/Burn エリー・ゴールディング/バーン

最近、実家に置きっぱなしになっていた 本を整理しています。内容を

→もっと見る

PAGE TOP ↑