*

ssb【番外編】日本のマーケティングはここから始まった?! 〜竹田陽一 ランチェスター戦略

ランチェスターの法則

竹田陽一さんは、1983年に「ランチェスター経営」という会社を創業し
以来、中小企業のコンサルティングを続けている
日本の元祖マーケティング・コンサルタント。

こんにちは!伊藤です。
今回は竹田陽一さんとその著書の紹介です。

マーケティングっていうのは商品をどうやったら沢山売れるか?

ってこと。

竹田さんは、ランチェスターの法則という
一見マーケティングとは関係のない法則を応用して
実践、実績を上げてきました。

ランチェスターの法則って?

イギリスのランチェスターさんが唱えた戦争時における次のような法則のこと

  • 第一の法則:攻撃力=兵力数x武器性能
  • 第二の法則:攻撃力=兵力数の2乗x武器性能

で、具体的にはどんな事なの?っていうと
簡単にいえば

「小さい会社」と「大きな会社」では戦い方が違いますよ!

って事。

世の中に出回っている「成功」はほとんど「大きな会社」の話。
「小さな会社」が真似をしてもうまく行きません。

日本の会社はほとんどが「小さな会社」
そんな小さな会社がどうやったら生き残っていけるか?
簡単にまとめると
「小さな1番」を作って徐々に大きくしていきましょう!
ってこと。

小さなジャンルで1番をとる
小さな地域で一番をとる

その積み重ねで勝てる部分を大きくしていく…
って感じ。

今、マーケティングって言うと
ランチェスター戦略っていうのは
「分かっていて当たり前」
的な感じがします。

これから何らかの販売や
マーケティング、経営に関わる人は
ひと通り理解しておくべきことなのかな?
と思います。

 

そんな竹田さんの著書を以下に紹介します。

小さな会社☆儲けのルール ―ランチェスター経営7つの成功戦略 竹田 陽一、 栢野 克己 (2002/11/1)フォレスト出版

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略

 

ランチェスターの基本的な考え方から
商品戦略、エリア戦略、顧客戦略の実例まで。

10年以上昔の本ですので
実例には今では使い古されたような方法もあったり
時代的に合わない内容もあります。

しかし、基本原理を知る…という一点のみでも
この本を買う価値はあると思います。

また名刺の作り方など
今でも通用する実践例もあります。

 

小さな会社☆社長のルール 竹田 陽一 (2003/7/19)フォレスト出版

小さな会社☆社長のルール

 

「儲けのルール」では基本的な考え方

「社長のルール」ではどうやって会社を作っていくか?

ということが書かれています。

ひとつは経営というのは経理ではない!ということ。
経費を削減する前に、分配をきちんとする前に
そもそもお客さんがいなければ会社は成り立ちません。

では、どの業務をどんな割合で配分したら良いのか?
そんなことが書かれています。

なんだかんだと色々な話の中に良く出てくる「パレートの法則」についても解説されています。
いわゆる「80対20の法則」といえばピンとくる人もいるのではないでしょうか?

 

小さな会社☆集客のルール ランチェスター経営 ホームページ成功戦略 佐藤 元相、 竹田 陽一 (2005/1/19)フォレスト出版

小さな会社★集客のルール ランチェスター経営 ホームページ成功戦略

 

タイトルの通り、ホームページの作り方についての解説。
作り方といっても「内容」の話。

私の本業なのでよく分かる。

「見た目のきれいなホームページ」と
「売上をあげるホームページ」
これはまったく別物。

「見た目のきれいなホームページ」の制作会社は多いが
「売上をあげるホームページ」を作ることの出来る制作会社はほとんどいない。

では「見た目のきれいなホームページ」を作る制作会社に
どうやったら売れるホームページを作ってもらうかと言ったら
それはもう「細かく指示」するしかない。
それも会社のことをよく知っている「社長」もしくは「トップ営業マン」

事務員と制作会社にまかせて
売れるホームページが出来るわけもない。

それで、どんな内容を載っけていったらいいか?
というのが本書の内容。

小さな会社☆NO.1のルール ランチェスター経営1位作りの成功戦略 竹田 陽一、 佐藤 元相 (2006/1/17)フォレスト出版

小さな会社★NO.1のルール ランチェスター経営1位作りの成功戦略

 

ランチェスター戦略のキモ
商品で1位を作る方法
ステップ形式で具体的に実践しやすいように解説。

 

小さな会社は「1通の感謝コミ」で儲けなさい―まごころを伝えるはがき、FAX、メールの総活用法 竹田 陽一 (2004/1/28)中経出版

小さな会社は「1通の感謝コミ」で儲けなさい―まごころを伝えるはがき、FAX、メールの総活用法

 

名刺、電話、ファックス、ハガキ…そしてメール
お客様と接するこれらのツールが
お客様満足にとっても重要だってこと。

そして多くの方が
効果があるだろうことを分かってはいても
面倒でなかなか継続、実践出来ない。

それ故にやっている人が少なく
効果も高い…って事だろうか?

名刺などは一度作ってしまえば
あとは面倒があるわけでもないので
実践が難しいことばかりってわけではない。

 

今回は竹田陽一さんとその著書の紹介でした。

それでは。

関連記事

ssb【000】もし主人公が親を○してしまったら?!〜メリダとおそろしの森 仕掛ける側の視点

メリダとおそろしの森 ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー &

記事を読む

ssb【000】映画「ホビット 思いがけない冒険」〜ひとりの力

※この記事を書いたのは2013/01/27です ホビット 思いがけ

記事を読む

セットのイメージ

ssb【000】売り上げアップ3つの方法

こんにちは!伊藤です。前回「目標設定」のお話しをしましたが売り上げアップをするためには具体的

記事を読む

集客を学ぶ イメージ

勝手に【名言】 自ら学ぼうと決意した人にしか言葉は届かない

自ら学ぼうと決意した人にしか言葉は届かないそれが、どれだけありがたい情報、有益な情報だったと

記事を読む

集客 本のイメージ

ssb【番外編】本で集客を学ぶ限界…問題点とは?!

本で集客を勉強する場合の一番の問題は情報がバラバラすぎる!ということ。こんにちは!伊藤です。

記事を読む

武器のイメージ

ssb【000】ネガティブな事をポジティブに 武器に変える

あなたは人生の中でつらかった事悲しかった事今の自分に大きな影響をあたえた出来事ってありますか

記事を読む

シェフ イメージ

ssb【000】なぜ「どうしたらお客さんが来てくれるか?」ではいけないか?

こんにちは、伊藤です。前回|「どうしたらお客さんが来てくれるか?」|ではなく|「どうしたらお

記事を読む

エルメスのイメージ

ssb【000】「エルメスの道」とブランディング、時代の流れとチャンス

こんにちは!伊藤です。先日、ブランディングの参考書として「エルメスの道」という本を薦められた

記事を読む

看板のイメージ

ssb【000】ホームページや看板、店構えで お客さんに伝えなければならない2つのポイント

こんにちは!伊藤です。よく店の名前だけ書いてあって何のお店だか分からない看板ってありますね。

記事を読む

定食 イメージ

ssb【000】多様化の時代 〜小さなお店、売りの方向性2

先日「大戸屋」さんに行きました。ご飯の量が「少なめ・普通・大盛り」から選べます。またご飯の種

記事を読む

Message

伊藤 義明

四十歳になって、どんどん時間の流れが速くなっているのを感じます。 それと同時に無理のきかない体になっていく事もひしひしと…
>>プロフィールはこちら

ssb【お知らせ】教材について

2013年より、教材「小さなお店の集客バイブル」を、サポート付き10,

ランチェスターの法則
ssb【番外編】日本のマーケティングはここから始まった?! 〜竹田陽一 ランチェスター戦略

竹田陽一さんは、1983年に「ランチェスター経営」という会社を

グーグル・マップ
googleマップの表示場所が間違っている!どうしたらいい?

googleマップ、よく使われています。 とっても便利ですが

googleプレイスへの登録1
お店を始めた…ネットで集客したいなら一番最初にやることはコレ!…Googleプレイスへの登録

実店舗へのお客さんをネットで集客… ホームページ作成!食べログ登

ナウシカのイメージにピッタリ!Ellie Goulding/Burn エリー・ゴールディング/バーン

最近、実家に置きっぱなしになっていた 本を整理しています。内容を

→もっと見る

PAGE TOP ↑